2016年02月17日

玻璃胎七宝ランプ「藤」

こんにちは、
東京都自由が丘のクラフトサロン「Earthia Wisteria」の店主です。
「ホームページ」
http://www.earthia-w.com
「Facebookページ」
https://www.facebook.com/EarthiaWisteria
「Google+ページ」
https://plus.google.com/+Earthia-w

皆様いかがお過ごしでしょうか?
Earthia Wisteriaは恵比寿三越での作品展も終わりやっといつも通りのペースになってまいりました。

さて、本日は玻璃胎七宝と金工によりますランプ作品「藤」のご紹介です。
まずは作品をご覧くださいませ。
玻璃胎七宝ランプ「藤」1.JPG
ご覧いただけます通りの非常に美しいランプですがこちらの作品のシェードは「玻璃胎七宝/玻璃七宝」によるものございます。
「玻璃胎七宝/玻璃七宝」、、、なかなかお耳慣れしない言葉と思いますのでまずはその工芸のご紹介から、、、
従来「七宝焼」とは金属(金/銀/銅)にガラス釉を焼き付けたものを指しますがその土台となる板(胎)は金属ですので決して光は通しません。
「玻璃胎七宝/玻璃七宝」はその胎を金属から玻璃(ガラス)に変えガラスの上に伝統的な有線七宝を施し焼き付けた世界でも他に類を見ない工芸でございます。
言葉で説明いたしますと上記のようになりますがガラス胎やガラス釉はそれぞれ膨張係数が異なり、、、更に厳密には釉もそれぞれ色により膨張係数が異なりますのでそれらをひび割れ等させることなくガラス胎に焼き付け一つの作品にまとめることは至難の技と言っても過言ではございません。

シェード部分の制作はこちらでは初めてのご紹介となります玻璃七宝作家「東 洋子(あずま ようこ)」氏によるものです。
東氏は自身の工房兼ショールーム「クラフトあずま」を京都市下京区にて主宰しております。
グラフィックデザイナーから転じて七宝/彫金を学び、これらに螺鈿/陶板/ガラス/漆等の異素材を組み合わせながら様々な新しい作品を制作しており、京都でその貴重な伝統財産をベースに長い研究の末、特殊ガラスと
七宝釉薬を融合させた玻璃七宝の技法を完成させました。
様々な美術展などで数々の受賞歴を持ち女性らしい繊細な感性が確かな技巧に支えられ他に類を見ない作品を制作し続けています。

では灯を点した写真もご覧くださいませ。
玻璃胎七宝ランプ「藤」2.JPG
淡い光が艶消し半透明のガラスを更に美しく彩ってくれます。
こちらの金属スタンド部分の制作はこれまでにも何度かご紹介しておりますお馴染みの岐阜県土岐市の金工作家「小林輝三」氏によるものです。
今回シェードのモティーフが藤の花ですのでスタンド部分もそれに合わせ藤の蔓をイメージして制作されております。
また良くご覧いただきますと真っ黒ではなく焦げ茶色に近い仕上げとなっておりますのがお分かりいただけますことと思いますが金属部分全体に焦げ茶色の漆が焼き付けられておりシェードの淡い色を強すぎず弱すぎず良く引き立て作品全体に安定感を与えるものとなっております。

なかなか実際お目にかかることが少ない貴重な工芸作品ですのでぜひともEarthia Wisteriaにて実物をご覧くださいませ。
                                               店主
posted by アーシィア・ウィステリア店主 at 16:11| 東京 ☁| Comment(0) | 新入荷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

宮崎輝生氏、那須幸弘氏、オリバーピーパー氏合作ペンダントトップ「シンビジウム」

こんにちは、
東京都自由が丘のクラフトサロン「Earthia Wisteria」の店主です。
「ホームページ」
http://www.earthia-w.com
「Facebookページ」
https://www.facebook.com/EarthiaWisteria

皆様いかがお過ごしでしょうか?
東京都自由が丘のクラフトサロンEarthia Wisteriaの店主です。
ここのところ東京は日が出ていない時はかなり肌寒く感じるようになってまいりました。

本日は日本を代表する名工芝山師「宮崎輝生」氏、エングレーバーとして著名な「那須幸弘」氏、ドイツのマスターゴールドスミス「オリバーピーパー」氏による渾身の合作ペンダントトップをご紹介いたします。

それぞれこちらのコーナーにて何度もご紹介いたしましたが改めて代表的な作品や個展等の記事も併せてご参照くださいませ。
「宮崎輝生」氏と「山口理」氏による芝山細工「妖魚」ペンダント/ブローチ
http://earthia-w.seesaa.net/article/316843580.html
「那須幸弘」氏と「加藤良紀」氏によるひなげしのエングレービングのチタンペンダント
http://earthia-w.seesaa.net/article/394302253.html
ドイツのマスターゴールドスミス「オリバーピーパー」氏の作品展http://earthia-w.seesaa.net/article/405722402.html

ではまず今回の作品の写真をご覧くださいませ。
シンビジウム1.JPG
まずは中心の濃紺の部分から…
皆様こちらの素材は何かお分かりになりますでしょうか?
…実はこの部分、象牙にシンビジウムをモティーフといたしまして純金、純銀、夜光貝を用いて平象嵌(平紋)したものを更にインド藍にて濃紺に染め上げたものなのです!
こちらは芝山師「宮崎輝生」氏の手によるものです。
普通に芝山細工と言いますと立体的な象嵌を思い浮かべられる方々が多いことと思いますがこちらは面一の平紋でございます上に象牙全体を更に藍染した特殊なものですので小さいですが宮崎氏の作品といたしましてはむしろ珍しい部類に入るかと思います。
勿論その仕上がりは現代日本を代表する名工の名に相応しい出来栄えとなっております。

純金を割り金の一部材料に用いた特殊な925銀と純金箔による周りの彫金部分はドイツのマスターゴールドスミス「オリバーピーパー」氏の手によるものです。
幾何学的なモティーフの文様がそれぞれ小さな窓のようにも見えそのすべての部分がなだらかに窪んでおり酸化させて黒くなった部分と純金箔を施した部分がとても立体的で印象的なコントラストをなしております。
有機的なシンビジウムの芝山細工とも絶妙なハーモニーを生み出していますね!

では今度は裏側をご覧くださいませ。
シンビジウム2.JPG
こちらの象牙部分の彫刻はアメリカ等でも著名なエングレーバー「那須幸弘」氏の手によるものです。
シンビジウムの葉をモティーフとした唐草文様が藍染の象牙の濃紺の地に彫刻されておりアイボリー色とのコントラストがとても鮮やかです。
藍が象牙の奥深くまでは浸透しないため彫刻を施した部分は元の象牙のアイボリー色が見えております。
このように茜や藍等で染めた象牙に毛彫り等を施し文様を描く技法を撥鏤(ばちる)と言いますがこちらは毛彫りではないものの現代撥鏤と言っても良い作品ではないかと思います。
仕上がりは表側と同じく非常に美しい出来栄えとなっております。

裏側の彫金部分の幾何学モティーフそのものは表側と同じですがこちらは透かし細工となっており表側とはまた違う意味でとても立体的に仕上がっております。
こちらも有機的な現代撥鏤の唐草文様と幾何学的な彫金部分が絶妙なハーモニーを生み出しております。
正に日本とドイツの懸け橋となる作品と言って過言ではないと思います。

因みにこちらの作品にはディスプレイ台もついております。
シンビジウム3.JPG
リバーシブルのペンダントトップですので側面の上の方に二か所小さな穴が明いておりその穴にチェーンやワイヤーを通していただく構造となっておりますが結構なサイズがございます大作ですのでこちらのディスプレイ台にセットしていただきますと何だかオブジェのように見えますね。

今結構なサイズと書きましたが実際店主の手に乗せたこちらの写真をご覧いただけましたらその大きさが良くお分かりいただけますことと思います。
シンビジウム4.JPG
先にも「日本とドイツの懸け橋となる作品」と書きましたがこちらは様々な手仕事の高い技術をフィーチャーする私共のクラフトサロンEarthia Wisteriaを代表する逸品の一つに仕上がりました。
皆様ぜひともEarthia Wisteriaにて実物をご覧くださいませ、一目の価値がございますこと店主が自信を持って保証いたします。
                                               店主
posted by アーシィア・ウィステリア店主 at 17:17| 東京 ☁| Comment(0) | 新入荷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

「フルメタルスピーカーOmoi MS-4080普及キャンペーン」に伴う工芸品スピーカーによる臨時オーディオコンサートのお知らせ

こんにちは、
東京都自由が丘のクラフトサロン「Earthia Wisteria」の店主です。
「ホームページ」
http://www.earthia-w.com
「Facebookページ」
https://www.facebook.com/EarthiaWisteria

ここのところ東京もだいぶ肌寒くなってまいりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、本日は来年4月30日迄の「フルメタルスピーカーOmoi MS-4080普及キャンペーン」http://earthia-w.seesaa.net/article/428645010.htmlに伴う工芸品スピーカーによる臨時オーディオコンサートのお知らせです。

今回は第2土曜日、11月14日の午後3時位から1時間程を予定しております。
これまでにも何度か採り上げました落語の怪談噺八代目林家正蔵による「真景累ヶ淵」の続編をお送りいたします。
「真景累ヶ淵」はCD7枚分に亘る長編ですのでこれまでの…
1回目http://earthia-w.seesaa.net/article/420998644.html
2回目http://earthia-w.seesaa.net/article/423923806.html
…ではとても全編をお届けできますような代物ではなく残りはどうしようかと思っておりましたところですが「Omoi MS-4080普及キャンペーン」に伴い期間中オーディオコンサートの回数を増やす予定でしたので結果的にはちょうど良かったのではないかと思います。
林家正蔵.jpg
今回は3枚目のCDに収録されております「豊志賀の死」をお届けいたします。

工芸品スピーカーのラインナップですが前回からはこれまでのフルメタル無指向性スピーカーOmoi MS-3080に代わりまして上記のフルメタル無指向性スピーカーOmoi MS-4080となっております。
オーディオコンサート1.JPG
今回も適当に語りの合間にスピーカーをチェンジいたします形でお送りいたします。
1、フロアスタンド仕様のステンレス/アルミの削り出しによるフルメタルダブルバスレフスピーカー「Omoi SX」(サン精工)
2、唐草柄焼き付けアーシィア特別仕様の瀬戸焼セラミックアートバックロードホーンスピーカー「アルファ」(聖新陶芸)
3、フロアスタンド仕様の摺り漆に葡萄唐草金線蒔絵アーシィア特別仕様の欅無垢材球体バスレフスピーカー「Jupiter WRD-8」(waonn)
4、厳選された信楽の土を用いた陶器密閉型スピーカー「猫」(柳忠義氏)
5、厳選された信楽の土を用いた陶器バスレフ全方向型スピーカー「急須」(柳忠義氏)
☆6、ステンレス/アルミの削り出しによるフルメタル無指向性スピーカー「☆Omoi MS-4080」(サン精工)

午後のひと時を素晴らしい語りと共に過ごしませんか?
お時間のございます皆様はぜひご参加くださいませ、無料です。
                                               店主
posted by アーシィア・ウィステリア店主 at 16:21| 東京 ☁| Comment(0) | 新入荷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

フルメタル無指向性スピーカー「Omoi MS-4080」と10月の「工芸品スピーカー」によるオーディオコンサートのお知らせ

こんにちは、
東京都自由が丘のクラフトサロン「Earthia Wisteria」の店主です。
「ホームページ」
http://www.earthia-w.com
「Facebookページ」
https://www.facebook.com/EarthiaWisteria

皆様いかがお過ごしでしょう?
最近は秋らしい日々が続きますね。

さて、本日はフルメタル無指向性スピーカーOmoi MS-4080(240000円 税抜)のご紹介です。

こちらのスピーカーは毎月のオーディオコンサートで主力スピーカーとして活躍しておりますフルメタルダブルバスレフスピーカーOmoi SXとフルメタル無指向性スピーカーOmoi MS-3080の制作メーカー「サン精工」の制作による工芸品とも言うべきスピーカーでございます。
Omoi SXとOmoi MS-3080の記事も併せてご参照くださいませ。
http://earthia-w.seesaa.net/article/315742705.html
http://earthia-w.seesaa.net/article/406826999.html

「サン精工」は大阪府枚方市に工場を構えており0.0何ミリという驚くべき精度を可能にする非常に高い技術を誇り常に日本の工業生産を支え続ける金属部品製造加工会社です。
またそれだけに留まらず培われた非凡な加工技術を音響機器、インテリア製品等にフィードバックして行く柔軟性を併せ持っています。

今回こちらのOmoi MS-4080はこれまでのOmoi MS-3080の上位モデルとも言うべきスピーカーで11月1日〜4月30日迄の「フルメタルスピーカーOmoi MS-4080普及キャンペーン」に伴いご厚意により試聴機といたしましてお借りすることができました。
サン精工様、この場を借りて心より御礼申し上げます。
期間中は特別価格でのご提供となりますので皆様どうかこの機会を逃さずお問合せくださいませ!

では早速写真をご覧くださいませ。
Omoi MS-4080 1.JPG
大きさは直径11cm強、高さ30cm強と非常にコンパクトなもので今回は塗装が白いこともあり一見スピーカーには見えないどころかボディがステンレス/アルミ削り出しの金属ということも殆ど感じさせません。

今回も無指向性スピーカーならではの斬新なアイデアがふんだんに用いられております。
Omoi MS-4080 2.JPG
上向きにセットされた8cmのスピーカーユニットから発せられるサウンドが部屋全体に偏りなく広がるよう金属製のディフューザーがスピーカーユニット真上にセットされております。
この辺りは0.0何ミリという正確さで金属を削り出せる技術を有する「サン精工」の独壇場とも言えるのではないでしょうか。

またOmoi MS-3080と同じく筒内部がバスレフ構造となっておりボディ真下のバスレフポートから増幅されたバスサウンドが出る構造となっておりますのでバスサウンドもまた部屋全体に広がるよう設計されております。
Omoi MS-4080 3.JPG
実際持ってみますとかなりの重みがあり(約9kg)無駄な共振をほぼシャットアウトすることに成功しております。
薄い金属板を曲げるような加工とは次元の異なる高い技術で制作されておりますので金属特有のカンカン響くような薄っぺらな音とは全く無縁でございます。

キャンペーン期間中は随時ご試聴も承っておりますのでご遠慮なくお申し付けくださいませ。


さて、ここからは恒例の「工芸品スピーカー」によるオーディオコンサートのお知らせです。
今回はいつも通りの最終土曜日10月31日の午後3時位から約1時間程を予定しております。
今回も前回に引き続きお客様のCDをお持ち込みによりますサプライズコンサートとなります。
曲目につきましては当日の発表とさせていただきます、楽しみですね!

工芸品スピーカーのラインナップですが今回からはこれまでのフルメタル無指向性スピーカーOmoi MS-3080に代わりまして上記のフルメタル無指向性スピーカーOmoi MS-4080となります。
オーディオコンサート1.JPG
今回はどのような曲目か分かりませんがに柔軟にスピーカーをチェンジしながらお送りいたします。
1、フロアスタンド仕様のステンレス/アルミの削り出しによるフルメタルダブルバスレフスピーカー「Omoi SX」(サン精工)
2、唐草柄焼き付けアーシィア特別仕様の瀬戸焼セラミックアートバックロードホーンスピーカー「アルファ」(聖新陶芸)
3、フロアスタンド仕様の摺り漆に葡萄唐草金線蒔絵アーシィア特別仕様の欅無垢材球体バスレフスピーカー「Jupiter WRD-8」(waonn)
4、厳選された信楽の土を用いた陶器密閉型スピーカー「猫」(柳忠義氏)
5、厳選された信楽の土を用いた陶器バスレフ全方向型スピーカー「急須」(柳忠義氏)
☆6、ステンレス/アルミの削り出しによるフルメタル無指向性スピーカー「☆Omoi MS-4080」(サン精工)

午後のひと時を素晴らしい音楽と共に過ごしませんか?
お時間のございます皆様はぜひご参加くださいませ、無料です。
                                               店主
posted by アーシィア・ウィステリア店主 at 16:24| 東京 ☀| Comment(0) | 新入荷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

18Kゴールド/925シルバーコンビ彫金リング「アールヌーヴォー」

こんにちは、
東京都自由が丘のクラフトサロン「Earthia Wisteria」の店主です。
「ホームページ」
http://www.earthia-w.com
「Facebookページ」
https://www.facebook.com/EarthiaWisteria

皆様いかがお過ごしでしょうか?
暑いのは幾らかおさまったかと思いますが最近はそれと引換のように天候が優れませんね。

さて、本日は彫金作家「三沢栄一」氏が手掛けた18Kゴールド/925シルバーコンビ彫金リング「アールーヌーヴォー」をご紹介いたします。

こちらのコーナーにて同じく彫金作家の「三沢奏真」氏や「三沢もなみ」氏の作品を何度かご紹介いたしましたが「三沢栄一」氏は彼らの父親にあたり現代を代表する彫金作家の一人です。
こちらも併せてご覧くださいませ。
「三沢奏真」氏制作「18金WG/YG&七宝葡萄リング」
http://earthia-w.seesaa.net/article/397312997.html
「三沢奏真」氏制作「スノードロップ(別タイプ)ペンダント」
http://earthia-w.seesaa.net/article/415258127.html
「三沢奏真」氏(リング本体部分)、「高田千尋」氏(石の台座部分と石留め、仕上げ)合作「ワインレッドターフェアイト・クレマチスプラチナリング」
http://earthia-w.seesaa.net/article/401362084.html
「三沢もなみ」氏制作「スノードロップペンダントトップ」
http://earthia-w.seesaa.net/article/411307181.html
「三沢栄一」氏(彫金部分)、「三沢奏真」氏(七宝部分)合作「シャコンヌブローチ」
http://earthia-w.seesaa.net/article/358721336.html

まずは「三沢栄一」氏の簡単なプロフィールから、、、
氏は彫金作家としてだけでなく彫刻家、作曲家、指揮者、バロックチェリスト他としても著名なマルチタレントとも言える人物ですので色々別の方面でご存知の方々もいらっしゃることかと思います。
作曲家といたしましては甲府市制百年記念交響詩等委嘱作品の作曲なども手掛けています。
その金属の板を裏から打ち出し最後に鏨で表から彫刻してゆく彫金作品は指輪の歴史を扱ったイギリスの「Historic Rings」にも現代の名品として掲載されております。
まさしく現代を代表する彫金作家の一人と言えましょう。

では「アールヌーヴォー」と題された今回のリング作品をご覧くださいませ。
アールヌーヴォー1.JPG
まさに金属を打ち出し鏨で彫刻してゆく彫金の美しさが実感できます素晴らしい作品となっております。
これが元々は単なる金/銀の板だったとは全く想像できませんよね!
氏の作品は上記リンク内のブローチ作品「シャコンヌ」やこちらのリング作品「アールヌーヴォー」のように人物、特に女性をモティーフとしたものが多いのですがその何とも言えない優雅な表情が非常に印象的でございます。

別の照明で撮影された写真もご覧くださいませ。
アールヌーヴォー2.JPG
鏨で彫刻された美しい髪の流れの中に溶け込むように髪飾りがございますがその中心にはダイヤがセットされておりなかなかの存在感がございます。

音楽に、彫金に、旺盛な活動を続けるマルチタレント「三沢栄一」氏ですがどうも最近の創作意欲は美術作品的な大作の方に向いていますようでこのような小さなリング作品は今となってはある意味貴重と言えるかもしれません(笑)
12号サイズとなっております。

光の当たり方、角度などにより様々な表情を見せてくれます逸品でございますので惹き込まれるような美しさがございます。
お近くの皆様はぜひともEarthia Wisteriaにて実物をご覧くださいませ。
                                               店主
posted by アーシィア・ウィステリア店主 at 15:57| 東京 ☁| Comment(0) | 新入荷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする