2014年01月09日

本年の御挨拶

皆様、明けましておめでとうございます。
自由が丘のクラフトサロンEarthia.Wisteriaの店主です。
http://www.earthia-w.com

昨年末から年明けにかけて店主の出張などがございましたので少し遅めの新年の御挨拶となり申し訳ございません。

昨年はお陰様でデザインイベント、ギャラリー、百貨店などで作品展を行う事も出来ました、今年も色々な場面で様々な手仕事の技を皆様に知っていだける機会をできる限り増やしていこうと思っております。
作品展は今の所首都圏と店主の地元の愛知県のみですが最低限国内の主要都市、また海外の主要都市などでも定期的に行うことができるよう努めてまいりますのでもしお見かけくださいました時は是非ともお声がけくださいませ。
また、私共の店舗を代表するような逸品もまだまだ制作途中のものが多数ありそれらも1つ1つ完成させて行きたく思っております。
Earthia Wisteria.jpg
では改めまして皆様、本年も自由が丘のクラフトサロンEarthia.Wisteriaをなにとぞよろしくお願い申し上げます。
                                          新年吉日 店主
posted by アーシィア・ウィステリア店主 at 14:34| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

仕事納めの御礼と御挨拶

こんにちは、
自由が丘のクラフトサロンEarthia.Wisteriaの店主です。
http://www.earthia-w.com

暮れも差し迫ってまいりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?
本日30日はちょうど私共の今年の仕事納めの日にあたりますので改めて御礼と御挨拶をさせていただきます。

早いものでこちらのブログ「アーシィア・ウィステリア新着情報」も昨年12月20日より書き始めて以来既に1年と少しが経ちました、記事数もこの記事を入れてちょうど155となり店主自身も結構な数になったと驚いております。
皆様に助けられお陰様で私共のクラフトサロンEarthia wisteriaもこうしてまた暮れを迎えることができました、心より御礼申し上げます。

私共のサロンEarthia Wisteriaは「オートクチュール、美術工芸、伝統工芸などを始めとする様々な手仕事の高い技を用いこれまであまり見られなかった作品や異分野間のコラボレーション作品などを制作しより多くの皆様にそのような手仕事の素晴らしさをより身近に感じていただくと共にそれらの技を次世代に伝えて行く」というコンセプトのもとに運営されております。

まだまだ小さい店舗ではございますが今年はデザインイベント、ギャラリー、百貨店などで作品展を行うこともでき徐々にではありますが皆様に知っていただける機会も増えてまいりました。
現在100を超える様々な分野の工房や作家様より作品の制作協力をいただいており手仕事に関するものであれば私共で制作できないものは殆ど無い位の状態となりました、各分野を代表するような世界的にも著名な方々から期待の若手の方々まで本当に多くの皆様に支えられております。
しかしながら素晴らしい技を現代に伝えている様々な工芸の中には需要や知名度が低いことから後継者不足に悩む分野も少なくありません。
私共の店舗はそのような技を用い制作いたしました作品を数多く展示し実際に実物をお手に取ってご覧いただける機会を少しでも増やそうとの願いのもと立ち上げられましたクラフトサロンでございます。
一人でも多くの皆様に様々な手仕事の素晴らしさを知っていただき願わくばその中から店主自身のオートクチュールの技術も含め様々な手仕事の後継者となる方々が生まれてくれればといつも切に願っております。

作品展などは今の所首都圏と店主の地元の愛知県のみですが最低限国内の主要都市、また海外の主要都市などでも定期的に行うことができるよう努めてまいりますので色々な場所でもしお見かけくださいました時は是非ともお立ち寄りくださり手仕事の素晴らしさをご実感くださいませ。
Earthia Wisteria.jpg

新年は店主の出張などの関係で少し遅く9日(木曜日)からの営業(13時〜19時)となります、自由が丘店舗の方は9日間の長いお休み(セキュリティーシステムは作動しております)となり皆様には何かとご不便をおかけいたしますが来年もなにとぞ自由が丘のクラフトサロンEarthia Wisteriaをよろしくお願いいたします。
年末年始のお休みのお知らせ→ http://earthia-w.seesaa.net/article/383459534.html

では改めまして皆様、今年は本当にお世話になりました、心より御礼申し上げます。なにとぞよいお年をお迎えくださいませ。
                                               店主
posted by アーシィア・ウィステリア店主 at 15:07| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

アンティークペルシャンターコイズ

こんにちは、
東京都自由が丘のクラフトサロンEarthia Wisteriaの店主です。
http://www.earthia-w.com

今日の東京は比較的暖かく過ごしやすいです、冬でもこの位の日々であれば良いのですが、、、。
本日は後ほどオーディオコンサートですがその前にこちらのコーナーに簡単な日記をアップさせていただきます。

まずは今回の写真をご覧くださいませ、、、
ペルシャンターコイズ.JPG

こちらは一見何の変哲もないターコイズですが実は店主が私物として持っておりました何十年も前の壊れたペルシャのアンティークから外したものなのです。
時代が時代だけに勿論安定処理などは施されておらず鮮やかなターコイズブルーにマトリックスが典型的な入り方をしており一目でオールドペルシャンターコイズであることが判別できる良いサンプルでもあります。

そのようないわくとは別に純粋にターコイズといたしましても硬度の高いガラス質の部分が多く非常にグレードの高いものです。

そのようなある種特別な価値のあるこちらのターコイズですが実物はかなり厚みのある両面カボションカットになっており実際の所何らかのジュエリーに使おうといたしますと裏面を閉じてしまうのも勿体なく時代物であるがゆえに穴あけ加工なども中々し難く店主といたしましてもどのように使おうかなどと長らく思案中のまま店舗のショーケースに入ったままになっております一品でございます。

現在店主も何らかのインスピレーションが湧いてくるのを待っている状態ですがもしこちらの記事をご覧いただきピンとくるものがあり我こそはと名乗りをお上げいただける作家様がいらっしゃいましたらご連絡くださいませ。
                                               店主
posted by アーシィア・ウィステリア店主 at 14:52| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

スモーキークォーツのインタリオ

こんにちは、
東京都自由が丘のクラフトサロンEarthia Wisteriaの店主です。
http://www.earthia-w.com

天気予報では台風が2つ同時に迫っているとの事ですが今日の東京は曇りの中少し晴れ間も見えたりしております。
皆様台風にはどうぞ十分にお備えくださいませ。

さて、本日はスモーキークォーツのインタリオが「有限会社 網倉天然石」より私共の所へお嫁入りしてまいりましたのでご紹介させていただきます。
尤もまだ具体的な作品にはなっておらずインタリオのみの材料としてですので今回は店主のちょっとした日記といたしまして、、、。
スモーキークォーツのインタリオ1.JPG

インタリオ"Intaglio"は日本語では「沈み彫り」などともいい貴石や半貴石などに施されることが多くちょうどカメオなどの「浮き彫り」の逆のタイプといえばイメージしやすいでしょうか、、、。
その歴史は古く最初期のものは古代オリエント時代位から見られますが現代の作品では良いものがあまり多くありません。錚々たる作家諸氏がひしめくカメオとは随分と異なる印象です。

因みにこちらのインタリオを制作した「有限会社 網倉天然石」は山梨県甲府市に工房を構える宝石研磨加工会社/工房で主に貴石等を取り扱いそれぞれの石の表情を最大限に生かしたユニークな特殊加工で良く知られています。

こちらのインタリオはスモーキークォーツに施されておりますが石の自然な濃淡などもうまく生かしながらなかなか良く仕上げられております、石自体はそれほど高価なものではありませんが美しく繊細なインタリオのおかげでぐっと素晴らしいものにグレードアップしているといっても過言ではないかと思います。

ところでこちらを使い何に仕上げようか店主の心の中ではまだはっきりイメージが固まっておらず現在は店舗のショーケースの中に納められております。
サイズもそこそこ大きくイレギュラーな形のため店主もブローチやペンダントトップあたりが無難かとは思いつつもせっかくの美人をさらに美しく表現するにはどうしたらよいものかと何らかのインスピレーションが湧いてくるのを待っている状態ですがもしこちらの記事をご覧いただきピンとくるものがあり我こそはと名乗りをお上げいただける作家様がいらっしゃいましたらご連絡くださいませ。

因みに手の上に乗せるとサイズが良く分ります。
スモーキークォーツのインタリオ2.JPG
実物はもっと綺麗ですよ!

本日は作品に仕上げる過程での試行錯誤の日記でした、、、。
                                               店主             


posted by アーシィア・ウィステリア店主 at 13:55| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

自由が丘熊野神社例大祭

こんにちは、
東京都自由が丘のクラフトサロンEarthia Wisteriaの店主です。
http://www.earthia-w.com

今日から9月ですね、まだまだ暑い日が続きますが風が大分秋らしくなってまいりました。

自由が丘では昨日(8月31日)、今日(9月1日)と地元の熊野神社のお祭りです。
自由が丘は今でこそ駅前にお洒落なショップやレストランなどが多数あり商業的な印象も強い街ですがもともとは宅地だったそうですので古くからお住まいの方々も多くお祭りなどの時は中々の賑わいが見られます。
因みに昨日は宵宮、今日は例大祭当日です。
Earthia Wisteriaは昨年10月1日にオープンいたしましたが現在の物件自体は6月位から契約しておりましたので色々準備も始めており昨年のお祭りの時もお詣りいたしました。
あれからもう1年が過ぎたのかと思いますと中々感慨深いものがございます。
自由が丘熊野神社例大祭.JPG
古来からの農耕儀礼に則りますとこの時期(本来は旧暦)の祭事は収穫の感謝を表すものが多いですがここ自由が丘では現在農業は殆ど見られませんのである意味形式的なものと言えるのかもしれません。
ですが仏教やキリスト教などのような根本経典や聖典を持たない神道では行動様式としての形式を伝えるという営みこそがたとえその形式本来の意味が失われたとしても非常に重要なことなのだと言えますしそれが私たちの中に脈々と息づく歴史の息吹なのではないかと思います。

ところで昨年は気が付きませんでしたが上の写真の簡易的な幟に描かれている自由が丘熊野神社の社紋は「丸に枝椿」ですね、、、熊野神社系統は縁の深い「八咫烏」系統の紋が多いように思っておりましたので少し意外でした。
私事ですが店主の母方は神職などを生業としておりますのでそのせいかあまり目に留まらない部分に目が行ってしまったりいたします。

更に椿の花はあっけなく散ってしまうことから縁起が悪いと家紋には避けられる傾向があり「椿」自体が珍しい紋ですのでこちらの社紋は二重の意味で興味深いものがあります。

因みに熊野社の本社と言いますと紀伊の熊野三社を連想することが多いと思いますが出雲にも同じ名前の社格の高い社があり、、、特に「出雲国風土記」では杵築社(出雲大社)よりも重要視されているかのような描写が見立ちます、、、分霊のような同系統なのか元々は異系統のものが長い歴史を経て同じ名前になったのか店主は詳しく調べたことがありませんが腰を据えて研究してみると中々面白いテーマなのではないかと思います。

その内機会があれば自由が丘熊野神社の宮司さんに社紋のことも含めて詳しくご由緒などを訊いてみたく思いました。
                                               店主
posted by アーシィア・ウィステリア店主 at 17:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする