2017年08月03日

本絹綸子スカート

こんにちは、
東京都自由が丘のクラフトサロン「Earthia Wisteria」の店主です。
「ホームページ」
http://www.earthia-w.com
「Facebookページ」
https://www.facebook.com/EarthiaWisteria
「Google+ページ」
https://plus.google.com/+Earthia-w

台風の影響か今ひとつすっきりしない天候が続いております東京ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、本日はお客様からご注文いただき制作いたしました和服地の本絹綸子のスカートをお客様よりご了承をいいただきましてご紹介いたします。
まずは写真をご覧くださいませ。
綸子スカート1.JPG

こちらのコーナーでも何度か書いておりますが店主の本職はオートクチュールのクチュリエでございます。
尤も最近は各地での作品展等に追われ自身の作品とも言えます洋服の制作にはなかなか時間が割けない状態ではございますがお客様よりご注文いただきましたものに関しましては空いた時間に制作を進めております。

今回は上記のお客様が和服としてお召しになられておりました本絹綸子の生地をお持ちになられスカートにリフォームなさりたいとご相談くださいました。
こちらの生地は最近ではあまり見かけない結構な匁のシルクの逸品でございます。
綸子スカート2.JPG
デザインといたしましては前から見るとボックスプリーツスカート、後ろから見ると程よいフレアースカートになるよう新たにカットしております。
綸子スカート3.JPG
着尺は幅が狭い上にこちらは一度着物として仕立てられたものでございますので既にその型紙に合わせカットされておりなかなか自由なデザインができません、かなりの制約はございましたがお蔭様にて元々着物だったとは分からないデザインと仕立てのクオリティーにてスカートとして蘇りました。

こちらの写真はシーチングによる型おこしです。
着尺スカート前プリーツ部分.JPG

こちらは仮縫い状態でございます、製作途中の写真はなかなかご覧いただく機会が少ないかと思いますので今回敢えて掲載いたします。
着尺スカート中縫い2.JPG

洋服は基本的にご注文制作でございますのでご依頼くださいましたお客様以外の方々の目に触れる機会はなかなかございませんが今回は上記のお客様のご厚意によりこちらのコーナーにてご紹介させていただきました。
私共クラフトサロンEarthia Wisteriaではオートクチュールの洋服制作のご注文も随時承っております、他のどこにもなくどこへ出しても恥ずかしくない洋服をお求めの皆様はお気軽にご相談くださいませ。
                                               店主
posted by アーシィア・ウィステリア店主 at 15:45| 東京 ☁| Comment(0) | 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: