2017年03月15日

真綿紬ハーフコート

こんにちは、
東京都自由が丘のクラフトサロン「Earthia Wisteria」の店主です。
「ホームページ」
http://www.earthia-w.com
「Facebookページ」
https://www.facebook.com/EarthiaWisteria
「Google+ページ」
https://plus.google.com/+Earthia-w

皆様いかがお過ごしでしょうか?
今日の東京は冬に逆戻りしたような寒さでございます、風邪など拾わないよう気を付けたいものです。

さて、本日はお客様からご注文いただき制作いたしました真綿紬のハーフコートをお客様よりご了承をいいただきましてご紹介いたします。
まずは写真をご覧くださいませ。
真綿紬ハーフコート4.JPG

私共のEarthia Wisteriaは様々な手仕事に技術を用いて現代の生活にマッチした多種多様な作品を仕上げるクラフトサロンでございますが、私店主の本職はオートクチュールのクチュリエでございます。
美智子皇后さまのデザイナーとして30年以上に渡り活躍しておりました故植田いつ子氏の弟子といたしまして同オートクチュールアトリエにて注文服の制作に15年程携わっておりましたので婦人服であれば大抵のものはどこへ出しても恥ずかしくない位のクオリティーにて仕上げられるものと自負しております。
ただ私共サロンは上記の如く服だけでなく多岐にわたる作品を制作しておりますので店主もそちらの段取りや、各地での作品展開催に追われクチュリエとしての本職の方は腕が鈍ってしまわぬよう空き時間にせっせとご注文制作等しておりますが年間なかなか数がこなせない状況でございます。

今回は上記のお客様が大切に所蔵していらっしゃいました北上の本絹真綿紬の和服反物をお持ちになられハーフコートの制作をご依頼くださいました。
こちらの生地は非常に丁寧に紡がれ織り上げられたシルクの逸品でございます。
とは言え当然のことながら和服地でございますので洋服地といたしましては幅が狭くなかなか自由なカットができません、その辺りも含めてのご相談でしたがお蔭様にて敢えて言わなければ和服地とは分からないデザインと仕立てのクオリティーにてハーフコートとして仕上がりました。

真綿紬ハーフコート5.JPG
ちなみに襟ぐりは後ろから横にかけましてやや立ち上がった軽いハイネックになっておりますが前上記写真の如くラペルのように開けて着ていただくことも可能です。

下の写真は照明の具合でだいぶ色が異なって見えますがまだしつけ糸等が残っております制作途中のものでございます。
真綿紬ハーフコート2.JPG
接着芯等は使わず毛芯をしっかりと胸癖をとり芯据えしておりますので型崩れ等の心配もなく一生ものといたしまして末長く着ていただけるものと存じます。
真綿紬ハーフコート3.JPG
芯据え等が分かりますよう裏からの写真も撮影しておけばよかったですが、、、

オートクチュールの仕立てでございますのでボタンホールもちゃんと手かがりしております。
真綿紬ハーフコート6.JPG

店主の本職の方は基本的にご注文制作でございますのでご依頼くださいましたお客様以外の方々の目に触れる機会はなかなかございませんが今回はお客様のご厚意によりこちらのコーナーにてご紹介させていただきました。
私共クラフトサロンEarthia Wisteriaではオートクチュールの洋服制作のご注文も随時承っております、他のどこにもなくどこへ出しても恥ずかしくない洋服をお求めの皆様はお気軽にご相談くださいませ。
                                               店主
posted by アーシィア・ウィステリア店主 at 15:52| 東京 ☁| Comment(0) | 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: