2016年03月08日

「ホテイラン」ペンダントトップ

こんにちは、
東京都自由が丘のクラフトサロン「Earthia Wisteria」の店主です。
「ホームページ」
http://www.earthia-w.com
「Facebookページ」
https://www.facebook.com/EarthiaWisteria
「Google+ページ」
https://plus.google.com/+Earthia-w

東京はだいぶ春らしくなってまいりましが皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、本日はあるお客様のご注文によりまして制作いたしました彫金作品「ホテイラン」ペンダントトップをお客様のご了承を頂きましてご紹介いたします。
大作とも言える作品でございますのでまずは写真をご覧くださいませ。
ホテイランピンク2.jpg
こちらのペンダントトップは美しい七宝が施された18金の花、950銀の茎・球根・根、七宝が施された950銀の葉をいう構成になっております。
制作はこちらのコーナーでは何度もご紹介しております彫金作家「三沢奏真」氏によるものです。

三沢氏の他作品も併せてご覧くださいませ。
ペンダント「スノードロップ(別タイプ)」
http://earthia-w.seesaa.net/article/415258127.html
18金WG/YG&七宝葡萄リング
http://earthia-w.seesaa.net/article/397312997.html
ワインレッドターフェアイト・クレマチスプラチナリング
http://earthia-w.seesaa.net/article/401362084.html

相変わらず安定した技術に支えられ隅々まで神経の行き届いた仕上がりです!
実物の大きさは縦8.5cmはあろうかというかなり大きなもので三沢氏にとりましても年間何作品も制作しないような大作の部類に入る作品と思います。
これだけの造形作品を貴金属を打ち出し鏨を入れ作り上げるのですから相当な技術・集中力・労力が必要なことと思います。
また、この花の部分のピンク色の七宝はなかなか色が安定せず非常に再現の難しい色でもあります。
もちろん彫金作品といたしましてデザイン的に必要なデフォルメもなされており造形作品としてのセンスの良さも如実に窺えます。

次は「ホテイラン」につきまして、、、
ホテイラン牧野富太郎.jpg
こちらは植物学者の故「牧野富太郎」博士の植物図に描かれております「ホテイラン(布袋蘭)」でございます。
ラン科の多年草で本州中部以北の主に高山の針葉樹林下に稀に自生する希少種だそうです。

実は店主はこのランをそれまで全く知りませんでした。
こちらの作品をご注文下さいましたお客様は動植物・鉱物他様々な分野にわたり非常に造詣が深くお話しさせていただきました店主も最初そちらの分野の研究者のかたかと思った程でございます。

この希少な「ホテイラン」は三沢氏の工房からも近い八ヶ岳の登山口の1つ美濃戸口付近に自生しているらしくそのようなご縁もあり今回彫金作品として仕上がりました。
美濃戸口には6月頃になりますとこの希少な「ホテイラン」をひと目見るため全国から多くの方々が訪れるそうです。

さて、この作品はペンダントトップなのですがかなりのサイズですので常時アクセサリーとして着用するのにはあまり向いておりません。
着用は大切な機会のみということにいたしまして普段は壁等に飾っていただけますよう額装も施されております。
ホテイランピンク1.jpg
このように額の中に納まりますと彫金によるボタニカルアートのような趣ですね!
八ヶ岳の額作家の手によります凹凸のあるマットな黒の額縁が作品の雰囲気を適度に引き締め独特の緊張感が生み出されております。

今回はご注文作品でございますので実物はお見せできませんが写真だけでも一人でも多くの皆様にぜひともご覧いただきたい大作でしたのでこちらのコーナーにてご紹介させていただきました。

Earthia Wisteriaでは手仕事に関わります様々な分野の作品のご注文も常時承っておりますので何かアイデアをお持ちの皆様はお気軽にご相談くださいませ。
                                               店主
posted by アーシィア・ウィステリア店主 at 17:02| 東京 ☀| Comment(0) | 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: